2週間限定の中古車販売サービスについて調べてみた[2]



Date : 2013/02/03|Update :
Category : BMW新車・中古車の選び方・買い方
Tag :

2週間限定の中古車販売

【前回書いた記事】
2週間限定の中古車販売サービスについて調べてみた[1]

今回面白いと思ったサービスは、ガリバーの2週間限定中古車販売です。2週間限定というのが面白いです。

「中古車販売するなら、2週間限定にしなくても良いのではないか?」と思う人も多いと思います。結論から言うと、「2週間限定でなければならない」と言うことです。

なぜ販売期間が2週間なのか?

bmw388

「なぜ、2週間限定でなければならないのか?」

ガリバーは、エンドユーザーから買い取った車をオークションで売却して、その差益を得ることをビジネスのメインにしています。

エンドユーザーから買い取った車は、ガリバーで整備して、オークションに出品しますが、車を整備したり、オークションに出品するための事務手続きなど、一定の期間が必要になってきます。

エンドユーザーから買取り→車の整備等【数週間程度】→オークションで売却

この【数週間程度】の期間だけ、エンドユーザーに向けて中古車販売します。その間に買い手が出なかった場合は、自動的にオークションへ出品して、車を売却します。

エンドユーザーから買取り→2週間限定の中古車販売→買い手がいなければオークションで売却

中古車販売ビジネスで大きいコストが車を保有するコスト

img_service

中古車販売ビジネスで大きいコストが車を保有するコストです。保有期間が長期になると、車を保管するための駐車場代や管理するための人件費など、保有コストも増えることになります。

保有コストが増えてくれば、それを中古車価格に転嫁していかなければなりません。

しかし、ガリバーは買取りした車を長期保有しません。今回の2週間限定中古車販売サービスも、その間に買い手が現れなければ、オークションで車を売却します。

中古車販売期間を2週間限定販売とすれば、長期保有するための駐車場を新たに確保する必要もありませんし、その分中古車価格を安くすることもできます。

つまり、今までのビジネスの流れを壊さずに、エンドユーザーへの中古車販売サービスを追加することができるのです。

ガリバーホームページより抜粋

一般の中古車販売店のようにお客さまから買い取った車両を広い敷地で長期間保管して販売するシステムでは、自動車の整備・保管・管理に膨大なコストがかかってしまいます。

そこでガリバーでは、全国で買い取った車両全てに販売期間を設け、その期間内(2週間)にお客さまからの注文がなければ自動的に中古車オークションに売却してしまう「期間限定販売」という仕組みをとっています。

そうすることで自動車の管理コストを削減でき、 最長10年の保証サービス、100日の返品受付、納車前点検、整備、外装クリーニングなど、お客さまの安心にこだわったサービスを提供できるのです。

【関連リンク】
ガリバーの2週間限定中古車販売サービス

【画像・記事引用】
ガリバーオフィシャルホームページ

最新BMWグッズはここでチェック!
査定依頼して車の買取相場が1秒でネットに表示されるのはこのサイトだけ!
市場に出回っていない中古車情報をいち早くチェックできる

BMW中古車検索(1クリックで希望モデルの中古車一覧が表示されます)

オススメ関連記事

   
   

この記事と同じテーマの記事