BMW 320d[F30]のディーゼルエンジンスペック比較



Date : 2012/09/15|Update :
Category : BMWデータベース
Tag : , , , ,

現行[F30]のBMW 3シリーズセダンには、ガソリンとディーゼルで3種類のエンジンがラインナップされています。そのエンジンのスペックを一覧表にしてみました。

 BMW 3シリーズ[F30]エンジンスペック比較
モデル BMW 320i BMW 328i BMW 320d
形式 N20B20B N20B20A N47D20C
種類 直列4気筒
DOHC
ガソリン
直列4気筒
DOHC

ガソリン
直列4気筒
DOHC
ディーゼル
総排気量[cc] 1,997 1,997 1,995
圧縮比:1 11.0 10.0 16.5
最高出力
[ps]/[rpm]
184/5,000 245/5,000 184/4,000
最大トルク
[Nm]/[rpm]
270/
1,250-4,500
350/
1,250-4,800
380/
1,750-2,750
燃料消費率
JC08モード[km/l]
16.6
(320i-AT)
15.2
(328i)
19.4
(320d)

BMWではディーゼルエンジンを新しくラインナップに加えました。BMW3シリーズの320dについて、他の3シリーズモデルのエンジンと比較したいと思います。

最大出力については、320iと320dは同じですが、最大出力時の回転数が320iが5,000rpmなのに対して、320dは4,000rpmと、1,000rpm低い回転数で発揮されます。

特筆すべきはトルクです。最大トルクは、328iより大きく380Nmです。328iが350Nmなので、30Nmプラスになります。もともとディーゼルエンジンはガソリンエンジンに比べて大きいトルクが出るので、これはディーゼルならではの特性だと思います。

あと、最大トルクがどの回転数域で発生するかと言うことですが、328iは350Nmのトルクを1,250~4,800rpmで発生させます。 1,250rpmという低回転域から、4,800rpmの高回転域まで最大トルクを発揮させることができます。

一方、320dは380Nmのトルクを、1,750~2,750rpmで発生させます。 低回転域の1,750rpmから最大トルクを発揮することができますが、その最大トルクは2,750rpmまでとなります。

328iと比較すると、最大トルクを発生させる回転域は狭いものとなっています。ディーゼルエンジンの特性として、高回転域での出力はガソリンエンジンに劣ってしまうので仕方のない部分でもあります。

しかしながら、通常走行で走っている分には、3000rpm辺りを多用すると思いますので、実用域では問題にならないと思います。

気になるのは、3,000rpmを超えてからのトルクの落ち込み具合です。高回転域を多用される方は試乗して、高回転域のエンジン特性を確認してみることをおすすめします。

【試乗インプレッション】
BMW 320d M-Sport[F30]ディーゼル試乗インプレッション[1]
BMW 320d M-Sport[F30]ディーゼル試乗インプレッション[2]
BMW 320d M-Sport[F30]ディーゼル試乗インプレッション[3]
BMW 320d M-Sport[F30]ディーゼル試乗インプレッション[4]

【関連記事】
BMW 3シリーズ[F30]エンジンスペック比較
BMW3シリーズ[F30] 320dと320iのスペック比較

[image]BMW official HP

最新BMWグッズはここでチェック!
査定依頼して車の買取相場が1秒でネットに表示されるのはこのサイトだけ!
市場に出回っていない中古車情報をいち早くチェックできる

BMW中古車検索(1クリックで希望モデルの中古車一覧が表示されます)

オススメ関連記事

   
   

この記事と同じテーマの記事