BMW420iクーペ[F32]M Sportのファーストインプレッション[2]乗り心地はしなやかで、不快な突き上げもありません。



Date : 2014/02/28|Update :
Category : BMW 420iクーペ[F32]
Tag : ,

足回りはしなやかになった

DSC08687

足回りはBMW320iクーペ[E92]よりも柔らかくなりました。と言っても、表現としては「しなやかになった」と言う方が正しいかもしれません。

私にはちょうど良い硬さで、乗り心地が良いです。

BMW320iクーペ[E92]M Sportの時は、乗り始めから10,000kmくらいまでは、とにかく硬かった印象があります。

あとは、上手にサスペンションが振動を吸収しているためか、細かい段差などで生じる不快な突き上げはありません。角が取れたような印象です。

これはタイヤも影響しているのかもしれません。

BMW320iクーペ[E92]の時はブリジストンのポテンザRE050RFT(ランフラットタイヤ)が装着されていたのですが、BMW420iクーペ[F32]はポテンザRE050の後継モデル、ポテンザS001RFT(ランフットタイヤ)が装着されていました。

DSC00948
DSC00979

BMW320iクーペ[E92]のタイヤ、POTENZA RE050 RFT

DSC08599
DSC08602

BMW420iクーペ[F32]のタイヤ、POTENZA S001 RFT

img_s001_r_03-4

ブリヂストンの資料を見てみると、S001 RFTRE050 RFTよりも乗り心地が向上しています。

ボディ剛性が上がっている

これはニューモデルに乗るたびに思うのですが、ボディ剛性がアップしています。

これは、E36からE46に乗り換えた時も、E46からE92の時も、同じような印象を受けました。

【参照記事】
POTENZA S001 RFT

最新BMWグッズはここでチェック!
査定依頼して車の買取相場が1秒でネットに表示されるのはこのサイトだけ!
市場に出回っていない中古車情報をいち早くチェックできる

BMW中古車検索(1クリックで希望モデルの中古車一覧が表示されます)

オススメ関連記事

   
   

この記事と同じテーマの記事